華やかな世界に出るために

スタイリストとは、テレビやドラマに出演する芸能人の衣装からアクセサリーなどの小物、さらに髪型までトータルでコーディネートをする人のことです。
具体的な仕事内容は、撮影のテーマなどを打ち合わせして、そのテーマに合った衣装を用意します。
衣装は基本的にはショップからレンタルをします。そして、撮影が終わったら借りていたショップに返却をします。

女優やモデルなどをコーディネートする仕事なので、華やかに思われることが多いですが、一流として活躍をするまでの道のりは遠いです。
アシスタント時代は、洋服にアイロンをかけたりたくさんの荷物を持ち運んだりするので、体力が必要になります。

しかし、スタイリストという職業は人気で、綺麗な女優さんやモデルさんを自分なりにコーディネートしたいと思う人が多いです。
そんなスタイリストになるためには、特別な資格は必要ありません。
ただし、ファッションセンスやスタイリングなどを学ぶ必要があるので、多くの人が専門学校に通います。

専門学校では、ファッションやスタイリングの勉強をするだけでなく、ビジネスマナーなどを学ぶことも出来ます。
スタイリストの仕事は、センスや技術が必要ですが、クライアントとの打ち合わせなども行うためコミュニケーション能力やマナーも必要不可欠です。
専門学校に通えば、スタイリストになるために必要なスキルを幅広く学ぶことが出来るのです。

また、専門学校に通えば、ファッションスタイリング検定などの検定に学校から試験を受けることが出来たりします。

OUT LINK

アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし